宮崎県都城裏方ワークショップ
4年間の歩み



写真をクリックしますと拡大されます。



宮崎県都城市の都城ウエルネス交流プラザで年1回行われる裏方ワークショップも4年目を迎えました。

継続することに意義がある、と一口に言われがちですが、実際にそれを実施し続けることの大変さは如何ばかりか、本当にウエルネス交流プラザの皆さんには頭が下がります。

だからこそ私も全力で、毎回のテーマについて持てるものを全部出し切るつもりで臨んでいます。一日終わるとヘロヘロです。二日目終わると絞り切った雑巾のようになってしまいます。

そのくらい全力でやらないと受講者の熱意に吹っ飛ばされてしまう、という気迫が会場に満ちています。

このようなタイプのセミナーでは、東北の喜多方プラザで毎年行われているFBSR会が有名です。来年で20回目を迎える、実績の大きなセミナーです。
都城ウエルネス交流プラザの裏方ワークショップの、他にはない独自の特色としては、

1 照明と音響のセミナーが同時に開催される
2 受講者がプロと一般の方の混在になっている
3 俳優やバンド、楽団など出演者が必ずいる
4 最終日にお客さんをいれての本番が用意されていて、それを受講者が実際にオペを行う
この4点でしょう。

これはセミナーとしては最高の理想形ではありますが、これを実際に出来るセミナーは日本中どこを探してもないでしょう。仮に1回や2回、出来たとしても、このスタイルを標準として毎年開催し4年目を迎えるというのは大変なことです。

このスタイルが可能な理由として、この宮崎県、特に都城市近隣の市民の方々の気質にも大いに因るところがあります。











市民の皆さんの多くが、音楽や演劇などを普段から楽しみ、単に観客として観に行くだけでなく、自ら歌ったり演奏したり演じたりすることが多いのです。
とても豊かな人生を送っておられると思います。その人口比率が他と比べてとても多いのです。恐らく比率で言ったら東京よりも多いでしょう。

ですから、受講者も、プロの方と市民の方が半々です。そして、一般の市民の方の意欲と知識の高さにはいつも驚かされています。
ただ単純に、「現場ではこうしてる」「私はこうしてる」「東京ではこうしてる」と言っただけでは、単なる自分自慢でしかなく、そんなものは軽蔑の対象になってしまいます。

何故こうするのか。何故これが効果的なのか。この結果はどういう理屈によるものなのか。
日々の私の仕事を体系立てて整理し、理論的に裏付けをしなければ、到底セミナーとして成立せず受講者に満足してはもらえません。

今年は市民ブラスバンドの楽団の方々、山田サウンドクラブの皆さんにご協力頂き、レコーディングとPAの両方を行いました。
レコーディングに関しては、2トラックステレオと5+1サラウンドの両方でレコーディングを行いました、それぞれのマイキング、ミックスバランスの取り方を実技指導いたしました。
PAに関しては、オーケストラやブラスバンドの生演奏の中での歌や弱音楽器のPAの方法をやりました。

照明は、工藤真一先生。毎回お会いしてすっかり仲良しにならせていただきました。
私の熱っぽい泥臭い講義に対して、工藤さんはクールにカッコよく講義を進めます。

どちらも2日目の午後の本番では、お客さんが実際に入っている中で、曲ごとにPAとレコーディングの担当者を受講者の中からそれぞれ選び、本番オペをしてもらいました。
終演後、お客様が帰られた後は、受講者と、楽団の皆さんと一緒に、録音の試聴会です。楽団の方達は2トラックステレオと5+1サラウンドの両方を聴き比べて楽しんでいらっしゃいました。

こういうセミナーは、5年続けて周りが認知し始め、次の5年間で大きく発展して行きます。
今年は、トモカ電気の松田様の多大なるご好意を得まして、ピアノマイクと、サラウンドマイク及びヘッドアンプをご提供頂きました。受講者の方も熱心に、松田さんに質問したり音を聴き込んだりしていました。
来年は更に多くの最新機材をセミナーにご用意しようと考えています。

このセミナーを継続実行なさる都城ウエルネス交流プラザの皆様に、改めて心から敬意と感謝の意を表します。
どうか今後とも、この他に例を見ない素晴らしいセミナーを続けて行って欲しいと思います。
長く続けて行ったその先に、先に述べた喜多方プラザのFBSR会のような、日本中に知名度を持つ名物セミナーとして、都城の町の名前とともに有名になっていることを、確信しております。

 


[Home][Lunadfuego Products][Kouichi Ishimaru][La Dolce Vita][La vie en Rose]
[
Link Link Link][TOY TOY BOX]

Copyright Lunadfuego. All right reserved. E-mail : info@lunadfuego.com