宮崎県都城市でセミナーをして来ました。

宮崎再上陸!
思えば数年前、日本音響家協会の演劇音響セミナーで、講師として宮崎にお招き頂き、宮崎県立芸術劇場にお伺いしたときの、宮崎県の印象は、私には強烈で鮮烈なもので、忘れ得ぬものでした。
空港についてから車に乗っている時の、ヤシの木が街路樹になっている独特の光景!

ここはハワイ!?

ホテルの冷蔵庫に、日向夏の缶詰めというのが入っていて、「何だろうこれ」と、ホントに何の気無しに開けてみて、食べたときのあのあまりの美味しさの衝撃!二つ入っていたのをむさぼるように食べてしまい、翌日、冷蔵庫の中に補充されていたのをまた二つともむさぼるように食べてしまいました。

そして鹿の刺し身!
一口食べて口の中でとろけていくのを恍惚とウットリと楽しんでいる時に、「ここ宮崎には天岩戸があるんですよ」と地元の方が教えて下さり、え〜っ!神様のお使い食べちゃったよ!
そんなこんながいっぱいあって、宮崎にまた行きたいな〜、と思っていた時に、宮崎県都城市の、ウェルネス交流プラザで働いていらっしゃる、私と同じ日本音響家協会の出井さんという方が、都城市に来てセミナーをやってくれないか、とおっしゃってくださいました。

行かいでか!

よくぞ声をかけて下さいました、出井さん気が変わらないでね、と祈るように準備を進め、2005年2月、再び宮崎空港に降り立った時のあの喜び!
セミナーの中身に関しては、舞台音響の概論、効果音の実演、録音の実演、ジャズトリオの生演奏の御協力を得てのマイキングやSRの実演、私としてはとにかく無我夢中で必死にやりましたが、参加して下さった方々が、良かったと思って下さったかどうか、楽しかったと思って下さったかどうか、思って下さってたらホントに嬉しいなぁ、と思います。

そして豚!実は宮崎は豚が美味いことおびただしい、ということを、この旅でしこたま思い知りました。
招聘して下さったウェルネス交流プラザの人達や、セミナーを受講して下さった方々と一緒に懇親会を楽しみ、その席で食べた豚のしゃぶしゃぶの、肉の甘いこと!嗚呼!
それから豚のナンコツを、トロットロになるまで煮込み倒したもの。ええッこれ肉じゃないのナンコツなの?ってくらいの柔らかさと美味しさ!

他じゃ食べられない、豚の美味しい食べ方が、宮崎には沢山あるみたいです。
前回の宮崎県立芸術劇場でのセミナーや、今回の都城でのセミナーだけでは、到底食べきれない(ってお前は宮崎へ食べに行ってるのかッ)種類の料理方法があるみたいです。
こりゃあ、何回でも宮崎に行かなきゃあ。(だから何しに行ってんだっ)
懇親会で頂いた、百年の孤独、という名前の焼酎。ブランデーのような琥珀色の美しさと芳香。アルコールが飲めない私が思わずグラスに口を寄せてしまい、香りとその味にウットリとしてしまいました。

こんなのはじめて!

なんだかセミナーの話を全然しないで食べ物の話ばっかりしてますね。
これを書いていて、宮崎に猛烈に行きたいです。
出井さんが、来年2006年2月に、ウェルネス交流プラザで再び、セミナーの日程を組んで下さいました。

やったー!

次回はセミナーの日程より2日ほど早く宮崎に入って、天岩戸に行かなくては。私達舞台の人間にとって、天岩戸は言ってみれば、日本の舞台のルーツ、原点とも言うべきところです。
その天岩戸のある宮崎県が、私にとって特別な思いの場所になったことがとても嬉しいです。
そしてこの都城のセミナーで、とても大切な、素敵な友達が出来ました。
ここでお名前は出しませんが、その人に再会するためにも、どうしても行きたいんです。
あ、もちろん、食べるばっかりじゃなくって、セミナーも全力でやりますよぉ。
いつだってセミナーは全力でやってます。前回来て下さった方にも楽しんで貰えるように、来年2月には、新兵器をしょって都城に乗り込んでいきます。

都城まちづくり株式会社の野口様、添嶋さん、原田さん、佐土原さん、ありがとうございました。添嶋稔さん、立派な生酒をお送り下さいましてありがとうございました、また来年是非お会いしましょう。本蔵さん、次は約束通りもっとディープな店に連れてって下さい。出井さん、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

また来年いくぞ〜ッ!


[Home][Lunadfuego Products][Kouichi Ishimaru][La Dolce Vita][La vie en Rose]
[
Link Link Link][TOY TOY BOX]

Copyright Lunadfuego. All right reserved. E-mail : info@lunadfuego.com