otowa.gif

 最近、劇場の公演の中継収録が増えてきました。
 私の回りの仲間は、「なぁに、多チャンネル時代になって、コンテンツが足りなくって、製作費が増える訳じゃ無し、手っ取り早くて安上がりなのがスポーツと劇場やコンサートの中継収録なんだろ」とヒネてハスに構える態度を崩しませんが、私にしてみれば、嬉しい反面、気が引き締まります。

 インフォメーションとして「どうです、面白そうでしょ、どうぞ観に来て下さいね」と中継して頂きたいと思う一方で、「この画面の中じゃ面白さは分かりませんよ、劇場で体験して下さいね」と言えるだけの事を劇場が、公演が行っていなければ劇場文化は滅びてしまいます。それを音響という立場から、何が出来るかを模索するのが、ここ十年近くの私の活動のテーマの一つなのですが。

 最近では顔見知りの中継の技術の方も増え、コミュニケーションが円滑に取れるようになってきました。
 放送局の方は、大体の方が、事前の技術下見と打ち合わせをして下さいます。それがないと当日どれだけ双方が困って面倒なことになるか知れません。
 同じ放送局でも「外注でやってきました」というビデオ屋さんや、公演の主催者に頼まれてやってきたという収録業者さん達が、劇場とトラブルを起こすことが時々あり、少々頭の痛い問題です。

 いわゆる「町のビデオ屋さん」の場合、「俺は何でも知ってる、何でも分かってる、こんな劇場慣れてる」と大上段に振りかぶって来る方が多いです。勿論そんな人ばかりじゃないのですが。実る穂ほど垂れる、というのはジャンルを問わない話です。えてしてそういう人は、電源系や回線のノイズでトラブルが発生し、大騒ぎになります。そういう場合、「まず自分の持ち込んだ機材を疑え」というのが鉄則で、私が他所の劇場に音響の仕事で出掛けたときもそうしていますが、騒ぐ方は決まって「うちは問題ない」と胸を張り、結局トラブルシュートしてみるとその方のアンバラ機材や電源ケーブルが原因だったりします。

 放送局さんの場合、そういう機材のトラブルは殆どないのですが、技術とは別のトラブルが時々起こります。
 例えば、お芝居やミュージカルの公演で、3点吊りを使いたい。え?主催者や照明さんに話は通ってますか?と訊くと、なんでそんな許可が必要なのか分からん、という顔をされます。
ははぁ、この人クラシックのコンサートしか中継収録に出掛けた事がないんだな。案の定照明さんから「マイクの影が出るからダメ」と言われてしまいます。

 ある外国の劇団の来日公演で、ハイビジョンの中継収録が入りました。下見でディレクターさんや技術の方々が公演をご覧になって、「こんなに暗くちゃ収録できない」という話になりました。
 舞台という抽象と観念の世界では、音響は沈黙を作るのが仕事であり、照明は闇を作るのが仕事です。
 どちらも放送の世界では放送事故につながるもので、これ一つ取り上げてみても、舞台と放送では音響も照明も、全く似て非なるもの、水と油だということがお分かり頂けると思います。

 が、その時の中継チームは、技術の方達はお分かりになっていたのですが、ディレクターさんがお分かりになっていなかったようで、調光室に行き、日本側のスタッフに向かって、「この公演、ハイビジョンで撮るんだけどさぁ、これじゃ暗くて撮れないんだけど、収録の日だけもっと明るくしてよ」と言ってしまいました。

 照明さんは当然ブチ切れます。あまりにも態度が横柄で「こっちは撮ってやるんだ」という気持ちが見え見えだったそうです。
「そういう事は演出家に言ってくれ。今呼んできてやるからよ」と照明さんが怒りながら部屋を出ていくと、ディレクターさんは明らかに慌て始めました。

 間もなく演出家と通訳が現れました。その時のディレクターさんの態度の変化は私もあまりに面白かったので今でもはっきり憶えています。
 ディレクターさんはいきなりニコニコ顔になって、「貴方の大変素晴らしい作品を中継収録させて頂きたいのですが、残念ながら少々暗くて、撮影しにくいのです。申し訳ありませんが、ほんの少しで結構ですから、明るくして頂くわけにはまいりませんでしょうか?」
 照明さんが「さっきとえらい態度が違うじゃねぇかよ。さっきみたいに言ってみろよ」と怒っています。が、問題はそんなところにあるのではありません。
 話を聞いた演出家は、やはりニコニコしながら通訳に話をしました。通訳から発せられた言葉は、その場を一瞬で凍りつかせました。
「貴方が何の権利があって私の作品に死ねと言っているのか私には理解できません。こんな話は今までどの国でも言われたことも聴いたこともありません。日本のお国の高い技術でどうにか出来ないならば、それは私にとっては中継不可能な作品、という勲章です。今すぐお帰りなさい。若しくは私が帰国しましょうか?」

大ピーンチ!このお話、次号に続きます。
 舞台と放送の間にある「闇」と「沈黙」の溝。

backback
OTOWAYA home