otowa.gif

 芝居の稽古場へ向かう車の中で聞いていたラジオから、国際社会への対応と情報のスピード化、グローバル企業化への対応として、「日本でも英語を公用語に」という話が出ていました。

 何も今更そんなことを大上段に構えて言わなくたって、多国籍企業の企業内書類は殆ど英語ですし、インターネットでの情報収集は英語が基本です。

 必要に迫られれば、必要な言語を「道具」として身に付けます。ごく自然な、スムーズな流れです。

 そういうところをいちいち改まって構えたがるのは意味のない、無駄なことです。
 わざわざ改まって構えてしまうと、「道具としての言語」「文化としての言語」の論争になってしまいます。そして、文化としての言語を守ろうとする人達は、道具としての言語の普及を侵食と感じ、文化の崩壊を予感するのでしょう。

 国際的に見渡してみると、道具としての日本語は確かに不便だと言わざるを得なくなってくると思います。何と言っても2バイト文字でプログラミングが煩雑になり、その手間の割には地球上の人口に対しての日本語を使用している人口の割合は低く、ローカルでマイノリティーな言語であり、要するに「ペイ出来ない」言語なのだと思います。

 言語は発生した風土に影響し、分布範囲は交通手段の発達の影響を受け、その言語を使用する人間の到達距離に左右されます。
 「日本語を守ろう」といったところで、その日本語ですら、移動手段が殆ど徒歩だった時代は、日本国内の各地で、互いに通じない言葉を使用していた訳ですから、交通手段が発達して地球の裏側まで半日で行かれるようになった現在、言語の淘汰は世界規模で行われるのは当然のことで、それは嘗て日本国内で行われて来たことと同じ現象です。ただ、その規模とスピードがあまりに速く大スケールなので、回りが付いて行かれない、ということでしょう。

 「ではお前は英語公用語化に賛成なのか」と訊かれればさにあらず、冒頭で申し上げた通りそういう論争自体を「無意味だ」と言っているのですが、敢えてどちらか選べと言われれば私は「日本に公用語は二つはいらない、日本語だけで十分」と考えます。

 これを考えるには、日本と同じく、独自の言語文化を持ち、且つ国際社会でしのぎを削る別の国、フランスを見るのが適当かと考えます。

 フランスは、最近でこそ規制が緩やかになったようですが、ついこの前までは、英語を公の場で使用することにも制限があったそうです。外来語としての英単語すらダメ、という徹底振りでしたが、別にそんな体制を無理やり用意しなくても、フランスの人達は、フランス語を美しいと思い、フランス語を話すことを誇りに思っています。「英語は話せる。でもフランス語でしか話さない」というジョークがまことしやかに広まるほどです。

 では日本語は誇りを持てない言語かというと、絶対にそんなことはありません。

 日本語は、例えれば、チーズのようなものだと感じます。
 地理的に隔絶されて1500年以上も熟成を重ねた言語は、世界中どこを見渡しても日本語しかないんじゃないでしょうか?そのお陰で、一つの意味を指すのに山ほどの言葉があり、一つの言葉にもまた、山ほどの意味が内包されています。
 そして、この放送技術の94年5月号にて書かせて頂きましたが(当時はステージ音響の執筆陣の一人でした)、言葉は文字でもなく意味でもなく音として捉えるべきものとする私としては、この、母音と子音が結合して初めて成立するこの日本語という言語は、とても美しい音を持つ言語だと感じるのです。これは、樹木が豊富な山脈に国土をいくつも分断された、湿度の高い、島国というこの風土の中で、音として伝達させるための言語が、謳うように語り、語るように謳う、このように成立したことに感動を覚えます。そして隔絶された国土が、他言語の侵略を受けることなく、平和的な他言語の輸入と融和を繰り返しながら、醗酵して来れた歴史の偶然の積み重ねに感謝します。

 つまり、日本人にとって日本語という言語は道具ではなく、日本人としてのメンタリティ、アイデンティティの根幹をなすものと考えます。

 他言語民族同士が地続きでせめぎ合い、言語が道具の色合いを強く持っていた欧米と一緒に考えることは出来ないと思います。その欧米の中ですら、先に述べたフランスの様に、英語が地球語になりつつある中で、自国の言葉に誇りを持ち、自国の言葉を守ろうとしています。
それはとりもなおさず、自分の国に誇りを持っているということです。

 英語を公用語にするかどうかの議論には、必ず、「貴方は自分の国に誇りを持っていますか?」と問うべきです。返事がNOなら、何故NOなのか、そこを解決することが先決です。

 別に改まって英語を公用語にしなくっても、街の中を見渡してご覧なさい。日本語と英語が同じくらいに氾濫しています。ドイツ語とフランス語の両方を公用語にしているベルギーの街角の様です。

 慌てない、慌てない。


back
OTOWAYA home