t.c.electronicsのFIREWORXに一目惚れ!の巻
(小さな写真をClickすると大きな写真が見られます。)

友人で大そう腕のいいクラシックのレコーディングエンジニア、Y氏が
「t.c.electronicsの3000はいいぜ!」
と前フリなしにのたまうので、何のことだかさっぱり分からず、
「3000て何?」
と訊いたら、
「リバーヴだよリバーヴ。あれはいい。音に品がある。仕事に使えるリバーヴに出会えたよ。」
とのこと。
Y氏が仕事で使うということは、クラシックのCD制作ということだから、これはどんなものだろう、と興味を持った訳です。

で、今年のプロオーディオ機器展。t.c.electronicsのブースへ伺うと、そこに京田さんがいらっしゃいました。
「t.c.electronicsの3000ていうリバーヴが良いと聞いてきたんですが」
というと京田さんは、
「リバーヴもいいですけど、石丸さんはやっぱり音を創る人なんですから、まずはこちらを試して頂きたいですね」
と言われて出てきたのが、今回御紹介するFIREWORX。
いやぁホント、何が嬉しいって、私の職場名や肩書き見て何でもかんでも売れりゃあいいとセールスのごり押しをされることが多い中、この京田さんは、個人としての私を見て下さって、話をして下さる。
ほんとに有り難いと思ってます。

他にも、いろんなメーカーさん、代理店さんに何人かそういう方々がいらっしゃって、私は、日々の現場で、そういう方々のお力に支えられて、幕を開け、幕を下ろしているんだなぁ、と、いつも思います。
お名前はお出ししませんが、Iさん、Oさん、Kさん、Mさん、Fさん、Nさん、いつも有り難うございます。

話がそれてしまいましたが、FIREWORXでしたね。
このFIREWORXの一番の特徴は、何と言っても圧倒的なプリセットの量だと思います。
FIREWORXはリバーヴ単機能ではなく、いわゆるDSPなのですが、それも、(こういう言い方をしていいのかどうか分かりませんが)演出的DSPに目的を特化した製品です。

つまり、完パケやミュージカル、演劇、勿論映像作品での音素材の演出効果の現場で、「こんなふうに音を処理したい」「この効果音、この声にこんな演出をつけたい」と求められているエフェクトはどんなものがあるのか、ものすごい量のリサーチを重ねたものと思われます。そして、それらの演出パターン、効果パターンを殆どプリセットしてしまった、という、言ってみればハチャメチャな、言ってみればブラボーなDSPなのです。

それは、製品に添付されているプリセット早見表を見れば、どなたでも一目瞭然、いかに現場のニーズ、かゆいところに手が届くプリセットになっているかが、実感できます。
200以上に及ぶプリセットの量に驚かされますが、実際に一つ一つ音を通しながら聴いてみると、どれ一つとして「なんじゃあこりゃあ」というものがありません。
「あぁ、この効果ならこういうシーンで使えるな」「うぅ、このプリセットが先月の公演で欲しかったぁ」
と思うものばかりのオンパレードです。

プリセットはそれぞれ、何番から何番までがリバーヴ系、何番から何番までがピッチシフト系、何番から何番までがディストーション系、というように、主となるエフェクト別に集められています。
エフェクトのタイトルは「ダース・ベイダー」「ビニールスクラッチ」「テレフォン」「オールドムービー」等と、タイトルを見ているだけでこちらを楽しませてくれますが、その下にサブタイトルとして、「ピッチシフト+EQ+ディストーション+リバーヴ」などというように、どんな順番でどんなエフェクトが使用されているプリセットであるのか、親切な説明が書いてあります。そして当然、それぞれのパラメーターを呼び出し、微調整することができます。言わずもがなですが、そうやって作ったエフェクトを新しいパターンとして記録させることが出来ます。

FIREWORXのプリセットと同じものを作るのに、他の機材ならDSPが5〜6台必要になるでしょう。でも、それだけの台数を揃えたところで、全く同じ効果が得られるかというと、そうではありません。
そうです。ここで冒頭でお話した友人のY氏の話が出てくるのですが、FIREWORXは、リバーヴにしても何にしても、単機能あたりの音質がとてもいいのです。
t.c.electronicsの基本的実力があればこそのFIREWORXな訳ですね。

これは最早「相棒」と呼ぶべきでしょう。稽古場にこれ一台を抱えて行きたいですね。あ、そんなこと言ったら一人当たり一台しか買わなくなっちゃうから京田さんが困っちゃうか。
私はこのデモ機を出来る限り引き伸ばして使っていたいですし、引き伸ばしている間に何とかお金を貯めてこれを買おうとしているところです。

デモ機を貸し出したことを京田さんが忘れちゃってくれないかしらん、って、あっ俺って最低。
こういうのを、「一目惚れ」って言うんでしょうねぇ。
是非一度、皆様もお試し下さい。
私の話が大げさでも何でもないということが、必ず実感できるはずです。


FIREWORXのお問い合わせは、
TCエレクトロニクス日本支社
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-7-22-502
電話03-5215-0191
FAX03-5215-0192
http://www.tcelectronic.co.jp
尚、このレポートに関する責任は一切Lunadfuegoにあり、
苦情その他は当サイトまでお願いいたします。


[Lunadfuego Products][Kouichi Ishimaru][La Dolce Vita][La vie en Rose]
[Link Link Link][TOY TOY BOX]

info@lunadfuego.com